恋愛コラム

「Yahoo!パートナー」は初めてでも心配ご無用! 安心・安全のための機能・サービス
マニュアル

「Yahoo!パートナー」は初めてでも心配ご無用! 安心・安全のための機能・サービス

初めて「Yahoo!パートナー」を利用する方の中には、安全面について不安を持っている方もいるかもしれません。

そこで今回は、「Yahoo!パートナー」を安心・安全にご利用いただくための機能・サービスについて解説させていただきます。

「Yahoo!パートナー」はなぜ安心・安全?

「Yahoo!パートナー」の「安心・安全」対策とはどのようなものなのでしょうか。

その特徴は徹底した監視体制と安全管理システムにあるんです!

カスタマーケア・スタッフのチェック体制

「Yahoo!パートナー」は、悪質なユーザーから不快なことをされたら、違反報告フォームからすぐに報告できるようになっています。

そして、24時間365日体制のカスタマーケア・スタッフが、報告された内容に対し、必要に応じて適切な処置を行います。

また、「プロフィール写真」や「自己紹介文」などのプロフィール情報は公開前や更新時にカスタマーケア・スタッフが審査し、「みんなの近況」の投稿内容は違反報告がなくても随時パトロールしています。

不審・悪質ユーザー対策もばっちり

ガイドラインに違反していると判断されたユーザーには、投稿やプロフィールを削除する、「Yahoo!パートナー」にログインできなくするといった対応をしています。

いやがらせのメッセージが届いたときなどは、違反報告フォームから迷わず報告しましょう。

なお、ガイドライン違反ではなくても、利用者間のマナーを守らず、サイト内の風紀を乱して他の利用者に迷惑をかけているユーザーが、残念ながらいないわけではありません。

複数の会員の方から迷惑行為を報告されたユーザーのプロフィール欄には「注意マーク」を表示しています。
このマークが表示されているユーザーとのやりとりには十分に注意しましょう。

1通目のメッセージはスタッフがきちんとチェック

相手と「マッチング」してメッセージ交換が可能になったとき、1通目のメッセージはカスタマーケア・スタッフによる審査が入ります。
「Yahoo!パートナー」では1通目のメッセージにメールアドレスなどの個人情報を記載することは禁止しているので、そのようなメッセージが届くことはありません。

見たくないプロフィールは非表示設定が可能

受信拒否とまではいかなくても、「この人のプロフィールや投稿は今後見たくないな」と思えば、表示設定を変更することで、そのユーザーのプロフィールや投稿を表示させなくすることができます。

設定したことは相手には伝わりませんので、検索結果や「みんなの近況」で目にしたくない場合は、非表示設定にすることをおすすめします。

安心の認証・連携システムもご用意

「Yahoo!パートナー」には、会員の身分を証明する様々なシステムがあることをご存じですか?

年齢詐称を防ぐ仕組み

2008年12月1日に改正された「出会い系サイト規制法」に基づき、「Yahoo!パートナー」では、有料会員お申し込みの際に、クレジットカード情報や運転免許証、パスポート、健康保険証などの公的証明書を確認しています。

そのため、「会ってみたら聞いていた年齢と全然違う!」というトラブルが起こりにくいのです。

プロフィールの信頼性をアップさせるための機能

「Yahoo!パートナー」には、プロフィールの信頼性アップのための機能として、「携帯電話認証」と「Facebook連携」があります。

携帯電話番号で本人認証すると、自分のプロフィールに「携帯認証済み」マークが表示されます。

Facebookは実名登録が基本で複数アカウントの登録は禁止されているため、「Facebook連携」することで、自分は信頼できる利用者であるということを他の人にアピールすることができるんです。

また、「Facebook連携」すると、「Yahoo!パートナー」側にFacebookの「友達」の人数やプロフィール画像が表示されます。

中には、「Facebookの『友達』と『Yahoo!パートナー』でもつながってしまったらまずい......」という方がいるかもしれません。

心配ありません!

「Facebook連携」すると、Facebook上で「友達」になっている人には、「Yahoo!パートナー」上ではあなたのプロフィールは表示されなくなります(※相手も「Facebook連携」している場合)。また、「Yahoo!パートナー」への投稿はFacebookには反映されませんし、「Yahoo!パートナー」と連携していることはFacebook上には表示されない仕組みになっています。

これなら、相手のプロフィールの信頼性をはかる参考にできるとともに、自分のプライバシーも守れますね!

不審・悪質なユーザーへの対処法をご紹介

充実した監視システムや認証機能があっても、個人的に関わりたくないと感じる人物と知り合ってしまう可能性はゼロではありません。

そんなときの対処法をご紹介しておきましょう。

とにかく関わらずに非表示・ブロック・報告

一度断っているのにもかかわらず、何度もメッセージが来るなどしつこい相手がいたら、自分の画面に相手を表示しないようにする非表示機能や、自分と相手の画面にお互いを表示しないようにするブロック機能が便利です。

非表示やブロック設定を行っても、そのことは相手に通知されませんので、「逆恨みされるのでは......」などといった心配をする必要もありません。

また、不快なメッセージやプロフィール情報、投稿内容はもちろん、明らかに別人の画像をプロフィール写真として使用しているユーザーを見つけた場合なども、違反報告フォームからご連絡ください。必要に応じて、ただちにしかるべき処置を行います。

既婚者が紛れ込んでいた場合は......

「Yahoo!パートナー」は高校生を除く18歳以上の独身の方しか利用できないサービスです。

しかし、残念ながら、既婚なのに独身であると偽って利用しているユーザーが紛れ込んでいる可能性もあります。

「土日に連絡が取れない」「自分の情報を全く教えてくれない」など、既婚者かもしれないと感じられる特徴があったら、やりとりには十分注意してください。

実際に会うことになったら......

メッセージのやりとりで意気投合し、実際に会うことになったら、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

もちろん、待ち合わせ場所に来た人物がサイト上でのコミュニケーションで抱いたイメージ通りの人物であれば問題ないのですが、残念なことに必ずしもそうとはかぎりません。

そのときのために、特に女性は、細心の注意を払って約束をしましょう。

実際に会う約束をする場合は、電話ではなく、「Yahoo!パートナー」内のメッセージやメールなど、記録が残る方法をおすすめします。

そして、実際に会うからといって、住所などの重要な個人情報を相手に教えてはいけません。

どんなにメッセージ内で盛り上がって信頼できる相手だと思っていたとしても、「初めて会う人は疑ってかかるくらいがちょうどいい」と考えましょう。

そして、"昼間に、なるべく人が多い場所で会う"という鉄則は忘れないでください。

夜の時間帯や、車の中やカラオケボックスのような密室で会うのは避けましょう。

また、知り合った人と初めて会う前には、親しい友人や家族に伝え、行く場所と相手のことを具体的に話しておくといいです。

もしものときのために、頼れる人の電話番号を短縮ナンバーに登録しておくとさらに安心です。

健全な環境はスタッフと会員のみなさまで作り上げる

「不愉快な人だな」と感じたら、他の会員の方が同じ被害に遭うことを防ぐためにも、すぐに違反報告フォームからご連絡ください。

先述のとおり、ガイドライン違反をしているユーザーには、「Yahoo!パートナー」にログインできなくする、プロフィールを削除するといった対応を取っています。

ほかの出会い系サイトやSNSに勧誘された、実際に会ったらネットワークビジネスの勧誘をされた、既婚者だったなど、恋人探しが目的ではないユーザーを見つけた場合もご報告をお願いします。

健全な会員であるみなさま一人一人の行動が、トラブルを抑止する力となり、業者のなりすましや不純な理由でサービスを利用するユーザーの撲滅につながるのです。

「Yahoo!パートナー」で心置きなく恋活・婚活!

「出会い系サイトの利用はちょっと不安......」という方にも、「Yahoo!パートナー」は安心・安全にお使いいただくための機能とサービスが充実していることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

「Yahoo!パートナー」で、心置きなく恋活・婚活を始めてみてくださいね!